CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
メロ
リラックマ
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

無限大の愛〜Mon amour infini〜

エイト中心にジャニと海ドラを限りなく愛する帆奈のブログ。
<< 大人になってもずっと友達 | main | 片言でいい正直でいい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
夕焼けの下で約束しよう
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちワンツー♪
強く願うのが開運方法の一つだと、昔合説の公演で聞いたこと思い出す帆奈ですけども!!
「就職」の他にはその後待ち構えてるであろう「結婚」や「昇進」にも同じことが言えるよ。
自分では心から願ってるつもりでも、潜在意識の奥底ではこれらに対する葛藤があれば、影響して叶いにくくなるんだ。
大学卒業後の滑り止めとして、インターン先に知って視野に入れてた。
でも説明を聞いて魅力的な制度だとは思っても、新卒ですぐ正社員が優先って考えは変わらず。
基金訓練を進路として確保した3月の記事を読み返してみると、文字の上では同じように「滑り止め」のようなニュアンスのこと書いてあったよ。都心まで定期を持つこともwkwkではあったけど ←
でも今思うと立地の他に、カリキュラムに魅力を感じてた。
学生の時だって就職は目指してたけど、働くこと自体の喜びや楽しみは知らずにいた。
あの場所で学んだらもっと前向きな気持ちでビジネスに入り込める気がして、4月の就職には葛藤ができてた。今となってはあってよかった葛藤だけどね〜(^д^〜)
あそこで得たものは、インターンで得られる「給料」や「実務経験」にも代え難いだろうから。
修了式が最後の個人発表となった。でも「前日」を振り返って「当日」の目標を発表するいつもとは違う。
半年間の振り返り、次の進路、その進路においての目標を発表したんだ。
同期生一人ひとりに対して、学んだことや見習いたい部分を発表した人もいた。
「真面目さ」「人を引っ張る気持ち」「独創性」「好奇心」etc
ちなみにσ(・ω・*)の象徴はというと・・・「闊達さ」。奔放じゃなくて自由闊達w
卒業式の答辞じゃないけど、色々思い出すことあげてみよう。

・理屈では滑り止めだけど、わくわく感で迎えた初日。
・教科書が重くて「これじゃ子育ては無理」なんて発想を繰り広げたw
・躊躇いながら(?)ジャニヲタを暴露した
・結局学生時代と同じように、「(リラックマと)関ジャニっていえば帆奈ちゃんだよね」って式が成立
・BBQを通じて酒が入った時、それまで関わりがあった人とは打ち解け具合が増した。
・なかった人とはこのとき初めて打ち解けた。
・何故かBBQを振り返ったら、同時に昔のポケモンソングも思い出した
・♪にこにこできなかった初めて会ったとき こんにちは言えなかった本当は言いたかった
⇒自分は初めから素を出したり、気さくに振舞ったりするのって不得意だ。
でもそうしたい気持ちはあって、「この人とこんなやり取りする自分」「あの人にこんな出方をする自分」とか想像してた。
・♪だけど今はね友達だよね 夕焼けの下で約束しよう また明日一緒にあそぼうね
⇒でもお酒が入った後は違うよね。機会があったらまた飲みに行きたいと思えたあの時。
実際そうなってるから、週末の夜や休日に飲んだことも。
・5月か6月辺りまでは半月に一人が就職を決めて卒業。
・仲間が去る(時にはEl clonの休止も重なる)寂しさと、モチべーションUPが共存した。
・中途(既卒も含む)向けのサイトから初めてエントリーしたとき、ある種の緊張感があった。
継続的に同じ就職を目指す『仲間』と会えるって大きかったな。
・大学の友達とは就活のグループワークしたことなかった。
・他大の友達は毎日会えない。会った直後はよくてもその後のモチベーション維持はできなかった。
・キャリアカウンラーの親身さは認めるけど、大人だけとやっても正直に全てなんて話せなかった。
・就職先がブラック企業だって自分でも言ってる人もいた。
・講師が承諾の賛否で意見を出す基準は、長く続けられるかどうか。
・一概に「厳しいから止める」とか「緩いから止めない」とかじゃなくて、描いたビジョンの実現とか、そのために必要なものを得られるなら、そして顧客に誠実な企業なら、長く続くから行かせる。
・夢が明確になった頃、受けてた企業に対する本気の度合いがバラけてきた
・原宿勤務のある企業にエントリーしたのが、二度目の内定を得る前で、面接はそれより後
・地域密着でやっていくから、夢の関西に行ける可能性がなくて本気になれなかった
・親がなぜか持ってきた(その日の仕事はどうした)求人も同様で、内緒だけど応募すらしてない

他に思い浮かぶことは過去記事に書いた気もするから強制修了w
修了式の後はランチ→ボーリング→飲み会の予定だったけど、翌日が朝から面接のためランチで切り上げますた。すご〜く行きたいけど、基金訓練で教わった「自己管理」でね ←
来週はいよいよEl clon再放送。 「再放送が始まるまでに更なる成果を出す」と誓った。
当時は一度目の内定を経験した後だったから、今度は承諾する内定を決めるのが目標だった。
そこまでの到達は逃したけれど、新作が始まるまでには!! ←
それに2度目の内定(と夢への気づき)は得たから、更なる成果として見ていいよね(・∀・) ←
| 日常 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
comment
comment?