CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
メロ
リラックマ
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

無限大の愛〜Mon amour infini〜

エイト中心にジャニと海ドラを限りなく愛する帆奈のブログ。
<< 会社を乗っ取る秘密 | main | 夕焼けの下で約束しよう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
大人になってもずっと友達
こんにちワンツー♪
基金訓練で修了証書の名前の漢字が間違われちゃった帆奈ですけども!!
予定が立て込んで下書きだけしてたけど編集が遅れてた海ドラレビューをひとまず公開。
修了式の日のことはまた別記事で。

デスパレートな妻たち#134
―恐怖のどん底でリネットがまず考えたのは、子供たちのことだ。
娘が初めて歩いた時のこと、息子がスペル大会で優勝した日、双子に蛙で驚かされてたあの頃。
そう、リネットはそんなこと思いながら、激しく動揺する若者の人質になってた。
何より心配なのは、今生まれようとしてる子だ。ってことでこの場で出産しますた。臍帯が頭に絡まってっけど、外すのを手伝わせながら説得して警察呼んで自主させるさすが出産のベテラン(?)
―元看護師のテレサは、33年間フェアビュー記念病棟で働いていた。
生まれたばかりの赤ちゃんの世話をし、新米ママにも目を配る、この上ない仕事だった。
でもこれは何年も前のことで、今回病棟に戻ったのは患者として。秘密を抱えた患者。
意外と(w)親切なギャビーはパトリックに連絡を取ろうとするけど、面会時間が過ぎて会えず。
看護士を買収することもできなかったから(w)、アンジーを装って連絡取りますた。
スーザンがバザーでMJの恐竜フィギュア売っちゃって、取り戻そうにも買い取った耳の不自由な子が離さず。「人生思い通りにいかないこともあるのよ」なんて、たかが恐竜フィギュアくらいで言うかw
お別れ会を言うときも(ポーカーの出席権とかそのままだけど)ギャビーはそれどころじゃなくて、スーザンを囮としてボーレン家に行かせて、ギャビーがダニーを救い出しますた。
いやー、一時期のお笑い(KY)担当ギャビーを思い出すと、今回はギャビーにしては頭使ったね。
ブリーはアンドリューを庇うため、あっさり会社を譲り渡しますた。とは言え
「あなたは家族が欲しかったんだろうけど、手に入れたのは会社と顧客リストだけ。思いやりが持てないとこの先何一つ満たされない。そこのドアを閉めて早く私の人生から消えてちょうだい」
なんて随分辛らつなもんだ。これが家族を求めてホットココアを差し出した淑女?
それに実際OAを観て実感したけど今更アンドリューの過去を持ち出すなんてニクイ演出だねー。

「アンドリューは10年前にソリスさんを轢いた」って今回初めてオーソンに話したから、ギャビーのことかと思ったら今は亡きカルロスの母。
オーソンは刑務所か別れを選ばせたけど、実の息子のアンドリューは隠蔽。
といってもそれで怒ってるわけじゃなくて、自分が服役したのは当然だしやり直すいい機会だった。
でもアンドリューの機会は逃して隠蔽を重ねるブリーに愛想が尽きて出てったよ。
反省してアンドリューは刑務所に行かせて、ギャビーにも包み隠さず話すことに。
かつての問題児で捨てられたアンドリューが、舞い戻ったらいい子ちゃんで、大人になったらブリーの右腕。それが今度は囚人になるってことか?でもギャビーへの決意は、偽り続けるよりマシだね。
学生時代は間違った内定先で、最終面接まで素が出せずにいた。今思うと「間違い」でよかった。
基金訓練を通じて、ざっくばらんな雰囲気の面接では素が出せるようになったんだ〜(^д^〜)
堅苦しい雰囲気だとまだまだ緊張しちゃうけど、そのとき出来る範囲での100%は心がけ続けてく。

サムを捨てたブリーとは対照的に、リネットは怪物だろ〜がエディへの感情移入は続いてるわけで。
もう何人もヤッチャテるエディにこの先なんて望めないけど、家庭の事情を証言するつもりではあるよ。
―走り出した車から、スーザンは愛してやまない通りを見つめた。
そこには子育てをする親もいれば(リネット&トム)、余生を楽しむシルバー世代もいる。(カレン&ロイ)
親しい友人が秘密を打ち明ける姿も(ブリー&ギャビー)。そんな通りを見ながらスーザンは必ず戻ると誓った。
彼女は知らないのだ。その時すれ違った車に、ウィステリア通りの新しい住人が乗っていたことを。
元(破局したよね?)ゲイカップルのどっちか(w)がスーザンの家を紹介した新しい住民ってのが、まさかのポール!!服役中の記憶があったけど出てこれたんだっけ?
そしていよいよ「出産時に赤ちゃんが取り違えられた」なんて結構昔の日本にもあったような(韓流の秋の童話ですら11年前)展開に触れられますた。Juanitaのことだね。
そして本国では最終の8thシーズンが始まったということで、時差を感じずに住む時もそう遠くない?
終わりが見え出すと寂しくなるけど、最短で2年後には最後まで見届けた達成感に満たされていたい。

ゴシップガール#41&42
始まりの映像が何だか古くて「これGG?昔のドラマと間違えた」とかオモタw
フルハウスとかシーバー家だと思ってみると違和感ないけど、リリーの高校時代を描いてたわけだ。

両親が離婚して、シシーが理想を作り上げられるために引き取ったようなもんになってる。
姉は早くにそんな母に見切りをつけて、女優目指して出てった。その生き方にリリーも感化されたよ。
リリーのお姉さん今回初めて明らかになった存在だね。現代ではどうしてるんだろう。
現代ではプロムがあるのにSはまだ拘留の身。リリーが告訴を取り下げてSも出られるようになったけど、すっかり母親不信で留置場に留まって仕返しを考えた。
外ではBがプロムの準備にいそしんでたよ。小さい頃から描いてた理想のプロムに向けて。
ネイトとの完璧な夜をすごすはずだったけど、ドレスもリムジンもホテル何もかもが台無し。
チャックの妨害を疑ったけど否定。だって「ブレアはネイトのものだ」って。
(元)取り巻きたちがブレアがプロムクイーンにならないように裏工作してたようだけど、それでクイーンにしようとしてんのがネリーユキってw
でもいざプロムクイーン発表の時が来ると、読まれたのはブレア。裏でチャックが阻止してたんだ。
理想のプロムを描いたスクラップブックの内容を知ってたから、何としても叶えようとして。
本当に完璧なプロムだったけど、ネイトへの想いは引っかかってた。
「高校時代の彼氏」であってそれ以上はないんだって悟って、別れることにしたんだ。
プロムが終わった後に会場の外でSと落ち合って、思い出話に花咲かせたよ。まるで姉妹な二人。
ルーファスはリリーが20年経った今でも本当の自分がわかってないことを指摘。
やり直すためには、母親との関係を向上しようってことでシシーと和解。
同じ過ちを犯した今では母親の気持ちがわかる気がして、母を許し娘に許されでめたしでめたし(←)
―肩パッドには流行り廃りがあるけど、親友への想いは永遠。
だって行き先がわからない時でも、一人じゃないと思えるから。
全てに答えが出るわけじゃない。謝るしかない時もある。そして、過去を過去のものにするの。
未来に目を向けなくちゃいけない時もある。
何もかも見ちゃった時でも、人生にサプライズはあるし、自分の中にもまだまだサプライズはいっぱい。

プロムの次は卒業式。σ(・ω・*)たちも基金訓練を卒業して、それぞれの進路を歩き出すところ。
―アッパーイーストサイドでは高校の卒業式も他の街とは一味違う。
パパラッチに狙われる卒業式なんて、他にあるかな。
世界中に逮捕情報が流れたセリーナは気にしてたけど、卒業したらGGとはお別れだと慰めるブレア。
でも式の間にとんだゴシップが投下された。セリーナは過去の人だって。
GGの正体を突き止めるべく、B、C、Nと共に動き出したよ。
9年生の時に初めてGGが登場したから、下級生を相手にしないだろうね。
一人ずつ名前を挙げてくものの「誰々はそんなサイト見ない」とか「ネリー・ユキはサイトが更新された時に近くにいたけどUPしてる様子はなかった」とかで検討がつかず、GGにメールを送ってみた。
その時鳴った携帯は、まさかまさかのエリックの彼氏!!GGへのメールを全部受信してただけなんだが。
だったら誰がGGなんだって話にはなるけど、握ったネタの中にはJへの朗報が。
次期学園の女王選抜にあたって、極上のゴシップネタが条件になってる。
女王への加担には懲りてるけど、下っ端になるのもいやで板ばさみ。
チャックの言う「愛してる」もややこしくてチャックの意気地のなさが露骨でもあったよ。
更に爆弾の如くゴシップが投下されて、誰もが騒ぐやら責め立てるやら。
ゴシップが出尽くして切り札がなくなったジェニー。
新入生エマの下っ端になるんだと諦めていたら、何とブレアがジェニーを女王に選んだよ。
リリーとルーファスも結婚することになって、ダンとジェニーも義兄妹になるんだね。
ブレアとチャックの「愛してる」もやっとわかった。GがBのルーミー狙ってる辺りが気になるw
ネリー・ユキがダンに告白寸前まで言ったのも笑えるwドロータと並ぶネタの人になってくのかもw
次シーズンでは女王ジェニーの活躍とGの復讐劇に期待!!

| 海外ドラマ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
comment
comment?