CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
メロ
リラックマ
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

無限大の愛〜Mon amour infini〜

エイト中心にジャニと海ドラを限りなく愛する帆奈のブログ。
<< 過越祭の錯覚 | main | 西で探して見つけたもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
みんなバレてるよ無駄な抵抗よ
こんにちワンツー♪
昨日面接の途中でのどが痛み出して苦しんだ帆奈ですけども
今日も寝起きは喉が痛んだしミンティア大量消費しちゃったよ・・・。
デスパレートな妻たち#131
―フェアビューの町にあるモンスターの棲む家がある。若い女性を殺すモンスター。
どうしてこうなったかは誰もが問う質問だ。
彼の名前はエディ。誰もが無害な若者だと思ってた。だがある日部屋に入った母親が、スコッチの瓶を探すうちに、犯した罪を知る。どうしてこうなったか?この答えに満足する者はいない。
というわけで今回は、la rusaを殺害したエディの過去が判明するよ。
メアリーアリスがエディと出逢ったのは月曜日。まだ4つになったところだった。
ジョギングの途中に4つのエディと遭遇したけど、両親の仲は荒んでたな。
子供は不要な存在だったって認識してるようで、近所の人たちが気にかけてたから大事には至らなかったけど、こんな環境にいたから猟奇性が芽生えるんだろうな。
ギャビーとのかかわりは引っ越してきたばかりで家政婦にヤオリンがいた頃。まだこの街に馴染めなくて近所の主婦たちの悪口さえ言ってて、孤独だったときだからエディが慰めになってたわけだ。
でもカルロスとのお楽しみの時間が減りだすと表面的には「同年代の友達も必要だ」的に言うけど実際は邪険に思うようになって、なんとも都合のいいこと。
ブリーはペンキ塗りのアルバイトとして雇ったことがあって、ボーナスと称していつもより多く小遣い上げようとしたんだ。断ったけど好きな子がいるって聞き出すと、それを口実に受け取らせますた。
でも相手がダニエルでその気はないと知って直談判。この時母親が失笑したのが傷つけたんだな。
スーザンと関わったのはマイクと離婚してた時期。エディに絵画の才能を見出してセミナーにまで申し込んであげるんだけど、優しさを勘違いしてでもセミナーから帰ると再婚してて。
結果的にスーザンに傷つけられたから殺そうとしたのが、間違えてジュリーをやってしまったわけだ。
リネットはエディの暗い部分も知らず息子の親友として扱っていて、母親の虐待が見てられずに引き取ろうとしますた。
その頃家では母親がスクラップブックから息子のしたことを知って、警察に通報しようとしたら殺された。
―フェアビューの街にあるモンスターの棲む家。若い女性を殺すモンスターどうしてこうなったか?
答えは簡単。モンスターは他のモンスターに作られるものだから。
通報するときアンタを産んだのが間違いだったって言うけど、ある意味本当に失敗だね。
次回はエディがスカーボ家に、サムがブリーに本性がバレる!?


ゴシップガール#39
―女王様っていうのは、いつか必ずお城を出て、慣れない世界に足を踏み入れる運命にあるもの。
今セリーナが夢中なガブリエルはリリーとルーファスも気に入る南部紳士。
でもブレアが逆にきな臭さを感じたんだ。張り込みをしてると元カノポピーとの現場を目撃。
本性を暴くべくチャックを手を組もうとしたけど、ネイトはブレアとチャックが近づくのを快く思ってなくて、買った家での同棲にまで誘っちゃった(゚д゚)
パーティにポピーを呼んで、セリーナとのイチャイチャを見せるとブチキレ。
コネで事業に出資した人には手を引かせるって吐き捨ててったよ。
いてもたってもいられなくなったセリーナがパーティの来客に出資の意思を聞き出したら見事的中。
ルーファスもギャラリーの買い手こそ見つからずにいたけど、出資の儲けを学費にできるね。
ブレアとチャックの凶暴は・・・ガブリエルより更に怪しいお久しぶりのジョージーナが再登場。
施設に入った今はゾッとするくらい敬虔な信仰心にあふれてるよ。
でもブレアは遠路はるばる来たのにGには会わず、一足先にネイトの元へ。
この事実を知って何かに目覚めたG。ていうよりは昔の面影が完全に消えちゃいないんだろうな。
―ああ女王様、プレスリーも歌ってたけど天使のような素敵な女は悪魔だったりするよ。
| 海外ドラマ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
comment
comment?