CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
メロ
リラックマ
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

無限大の愛〜Mon amour infini〜

エイト中心にジャニと海ドラを限りなく愛する帆奈のブログ。
<< 憧れの展開 | main | 二度と会えなくてもどうか忘れないで >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
3杯で失敗したワケ
JUGEMテーマ:日記・一般
この記事を実際に書いたのは2ヶ月後。自分も初めて日付詐欺なんてやってしまった。
というのもこっちではリアルタイムで書くのが恥ずかしくて、mixiの限定公開で書いてますた。
そろそろ他の記事で埋もれて書きやすくなるかな?
この日は講師がσ(・ω・*)を含む5人(♂3♀2)の4期生を行きつけの居酒屋に誘ってくれたんだ。
昼間から飲めるっていいね(´∀`)
とは言え日曜だから夕方には仕事モードに入れるように、滞在時間は2〜6時の予定ですた。
お酒は美味しく頂いて、仕事の話も娯楽の話も盛り上がってあげぽよだったヽ(*´∀`)ノ
でも5時頃に何か違和感を感じて、眠気もあったことから「仮眠して起きたら治ってるかな?」と考えたのが失敗の始まりだった。トイレの個室で仮眠を取って、目が覚めたら居酒屋のスタバの椅子に座ってますた。
眠りに着いた時と起きた時とでシチュエーションが違うから、泥酔でもしたのかと思った(゚д゚)
目覚めてから発した言葉が「スタバ!?」「今何時!?」「○○さん(講師)は?」etc
そこで4人から、(帆奈にとっては)空白の3時間を明かされることに。

講師はいい具合に出来上がってたのでタクシーで帰らせたそうな。
σ(・ω・*)は長いこと戻らずにいたから、トイレに行ってみたら寝てた。
「帆奈ちゃ〜ん(ドンドン)」―扉を叩いて呼んでも目覚めなくて、緊急措置的に個室の鍵を開けた。
寝たままのσ(・ω・*)をひとまず個室の外に出したとき、戻した上に寝返りを打って服が汚れて急遽近くのUNIQLOで服を買って着替えさせた。
でもって居酒屋を出なくちゃいけない時間が来た時、男性陣3人でσ(・ω・*)を隣のスタバまで運んだんだ。(重いのがバレたに担がせちゃってごめん・・・。)
スタバに入った時、店員さんから「ここそういう場所じゃないんで」って言われて「一人一品注文はしますので、起きるまで待って頂けますか?」と掛け合って滞在したとか。
戻せば咳するわけだし、着替えと運びも入れたらどれかの衝撃で起きても良さそうだけど、こんなんでも爆睡してますた
どうやって目を覚ましたかというと、くるくる寝相が変わりまくった中で顔が上向いてる時を見計らって、瞼を開かせたんだ。そして目覚めたら「スタバ!?」「今何j(ry
目覚めて空白だった3時間を聞いた後は、時間も時間だから路線別に別れて解散。
みんなは酒の席で聞いてたんだけど、N君(路線は違う)が6月入社で内定を得てあと2日で卒業するって、電車の中で聞いたよ。祝いの言葉を他の皆より一日早くかけられるはずだったのにできず・・・。

酩酊や泥酔になったわけではなくて、「こんな話題があった」「トイレの個室で寝た」って感じに寝る前の記憶をたどってみても間違いがなかった。
起きた後も普通に歩けてたから酔いが進んで潰れたとは考えにくくて、同じ電車組と話しながら、未曾有3杯で潰れる原因を分析しますた。 得意じゃない物を食べたからだろうな。
講師のお勧めを注文したとき「これを食べないと帰らせない」とまで言ってて、普段から好き嫌いがすごく多いσ(・ω・*)は何とかするべきだって思った。
不得意なものを全部断ったら何品断ることになるのか不安で、後でもっと苦手な物が出るかもって考えたら「断る行為」はその時にとっておこうと思って酒で流し込んだ。
でも「苦手なモノ+酒」の組み合わせを胃は受け付けなかったんだろうな。
そんなこったパンナコッタで、もっと楽しめたはずなのにσ(・ω・*)の介抱で時間と労力を割かせてしまいますたm(_ _)m
でもこの失敗を許してくれて「帆奈ちゃんと呑むと楽しいからまた行こうね」って言ってくれた皆。
翌週ある講師が言ってた「人間って自分で心配してる以上にキャパが広いから、ボランティアで許してるわけじゃないんだよ。本気で嫌になった時は離れていくから、今は安心していいんだ」って言葉もあいまって、今では本心でああ言ったんだって思える。
そんなわけで、6月以降も何度か飲み会に参加しますた。6月にはA君が宅呑みに招いてくれたんだ。
家が狭くて全員は誘えないから、彼意外からの口外はしないように言われてて、そんな中で呼んでくれたうちの一人が自分だってのも(´∀`)ウレシイネ
| 日常 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
comment
comment?